預金にかかる税金の節税方法

預金にかかる税金の大変お得な減税法

預金には利息が付きますが、預金を引き出す時に税金もかかります。ある程度の金利の高い預金に預けておかないと、税金を差し引くとほぼ金利なしなんて言う状態になってしまう商品も沢山ありますので、何年預けると金利が幾らついて税金は幾らかかるのか。迄考えて預けるのが賢い預金の方法と言えます。そうは言っても、引き出す時の税金の事まで考えて預けるなんて人はそうそういませんよね。

では預金にかかる税金を安くするにはどうしたら良いのでしょうか?預金を分散して預ける事により、税金を軽減する事が出来ます。100万円を一括で預金する場合と、10万円を10口に分けて預金する場合では引かれる税金が100万円を10口に分けて預金する場合の方が少なくなるのです。大きな金額になる程税金が高くなると言う事ですね。

多少手続きが面倒にはなりますが、それでも引かれる税金の事を考えるとやってみる価値はあるでしょう。そして、どこの銀行でも小口での預金が可能であると言う訳では無く、何口までと言う制限を設けてる銀行もありますので、可能かどうかチェックしてからにしましょう。ネット銀行などでは大抵大丈夫なようです。100万円あたりの税金で考えると微々たるものかもしれませんが、金額が大きくなればなる程引かれる税金も大きくなってきますので、知ってるに越した事は無い方法では無いでしょうか?低金利時代をいかに上手く乗り切るかで資産も変わってきます。普段からお得な情報には目を光らせておきましょう。そして情報を得たらなるべく実行してみましょう。