積み立てを担保にお金を借りる方法

資金に困った時に積み立てを担保にする方法

どうしても、今すぐお金が必要になってしまった。なんて事は生活してる上でありますよね。そんな時に、仕方が無いから定期預金を解約しよう。とか、ちょっとだから消費者金融で借りればいいか。などと思ってしまうかもしれません。

ですが、定期預金を解約しなくても、困った時にお金を手にする方法があるのです。あまり知られていないかもしれませんが、定期預金を担保にお金を借りると言う事が出来ます。定期預金を担保にお金を借りる事を預金担保貸付と言います。気をつけないといけないのは、どの定期預金でも、担保にお金を借りる事が出来る訳では無いと言う点です。定期預金と普通預金を総合口座にし、口座貸越契約を結んでいる事が条件となるからです。口座貸越契約さえ最初に結んでおけば、定期預金の金額の何割までは借りられると言う事になります。何割かは銀行によって異なりますので、最初にチェックしておきましょう。限度額までは、いつでも何回でも借りられるのが特徴となってますので、定期預金に沢山預金されてる程限度額は多くなると言う仕組みです。定期預金の満期までにきちんと返せば、借りるのに書類も必要ありませんし、返済も普通預金に入れておくだけで良いので、手軽にお金を用意できる方法でしょう。

万が一、定期預金の満期までに返済が出来ないとなると、自動で定期預金は解約されてしまう場合もありますので注意が必要となります。そして更に、借りた分の金利も支払わなければならないと言う事になってしまいます。せっかく定期預金を組んだのに、それでは本末転倒ですので預金担保貸付は計画的に利用するようにしましょう。