預金の増額をする良い方法

老後の積み立ての増額で簡単に得をする方法

今の時代、老後の年金などの不安で若いうちから定期預金などを組み積み立てをしてる方達が多いようです。老後の積み立てなどの絶対使わないような預金は、初めから長期の定期預金を組んでしまいがちですね。無いものと思って生活すると言う考えはとても良い考え方ですが、それには一つ落とし穴があります。

最初から長期の定期預金を組んでしまうと、途中でボーナスなどの臨時収入が入り定期預金を増額したいと言う時が訪れたとします。そんな時に、今までの定期預金に増額する事は出来ない為に、新たにまた定期預金を別口で組まないといけ無い事になってしまいます。

そうなると、金利もまた変わってきますし、色々と面倒な事になりますよね。ボーナスなどで臨時収入が入る度に、定期預金を新たにいくつもつくる事になりかねませんね。途中で定期預金を増額するつもりでいるならば、短期で定期預金を組んでいく事をお勧めします。短期で組んでおけば、満期になった時に増額が可能だからです。短期と言っても、最近では色々な長さの定期預金がありますので、自分のタイミングに合わせて自由に組む事が出来るでしょう。

一番良い方法は、お金の入る見込みのタイミングに合わせて満期を設定すれば、ボーナスなどの臨時収入などが入った時にすぐ定期預金に組み込む事が出来ますね。タイミングがずれてる場合、満期まで待とうと思って、普通預金に入れてたらいつの間にか無くなってしまった。なんて事になっても困りますのでタイミングを合わせる事はとっても重要でしょう。増額する事を考えてる場合は、絶対に短期での定期預金を組むべきでしょう。