預金の種類

色々ある財産を守る、増やす預金の種類

お金を蓄える方法は色々な種類がありますね。タンス預金と言う方法もありますが、財産を守る、そして増やすと言う意味では、銀行などに預金する、そして投資に回したりするのが一番ですね。

預金にも色々ありますが、まず思い浮かべるのが普通預金でしょうか。口座も簡単に作れますし、何と言っても出し入れ自由なのでお金の流れがわかり易いのが特徴の預金ですね。出し入れ自由で扱いやすい預金である為、金利が低いのが特徴の預金です。そして、次に思い浮かべるのが定期預金でしょうか。定期預金にも色々ありますが、特約をつける事により、こちらもかなり扱いやすい商品も出てきました。ある一定期間経過後なら預金を担保に引き出しが可能の特約なども便利な特約と言えるでしょう。定期預金の特徴は、金利が高い事にあります。金利が高い分、色々と制限があったりしますが、暫く使わないお金があるならば、定期預金に入れて置く事をお勧めします。普通預金に入れて置くのと比べると、1年経過後、2年経過後と雲泥の差がついてきます。

1ヶ月毎の定期を組む積み立て預金なども普通預金より金利が良く、更に出し入れがし易い預金として知られています。ある程度積み立て預金がまとまった時に定期預金を組むという方法も良い方法でしょう。

投資なども様々な投資がありますが、投資にはリスクが付き物であり、基本的に入りターンな商品程ハイリスクであると言う事を念頭において投資を始めるのが良いかもしれません。財産を守るのも増やすのも自己責任です。沢山の種類がある中で自分に合ったものを選び、そしてリスク管理しながら運用して行くのが最適な方法と言えるでしょう。