質権設定とは

誰にでも解る預金の質権設定についての解説

執権設定と言うと何かとっても難しい用語に聞こえますね。簡単に言うと、法人や、個人が定期預金の限度額を超える分の借り入れをする場合に定期預金を担保にして借り入れをする事を質権設定をすると言われています。

定期預金を担保にして、預金してる分よりも多く借りたり、ローンが通りにくい自営業者の方がお金を借りると言う事は、銀行にとっても不安要素が大きいと言う事になります。銀行としてもきちんと返済して貰えるのかが心配ですよね。なので、定期預金を担保に質権設定をするのです。万が一返済が滞ったりした場合には、預金から返済に当てられると言う事になるのです。勿論その場合には、その定期預金は無くなってしまいますし、ローンを返し終わるまで質権設定は残ったままの状態と言う事になります。

使い方によってはとっても便利な制度ですね。自営業をしてると、なかなかカードを作れなかったりどうしてもの時にお金を借りれなかったりと色々とありますので、いざと言う時の為に少しでも定期預金を組んでおくのも良いでしょう。定期預金を担保にローンを組めるのは、基本的に定期預金を組んでる銀行となりますので、普段から使ってる銀行で定期預金を組んでおくと便利かもしれません。街金などからお金を借りるよりも、かなり良い金利でローンを組む事が出来ます。質権設定された定期預金であっても、返済が終了すれば、契約者側に返ってきますので心配する事はありません。困った時に使える一つの方法として心に留めておくと良いでしょう。