自動積み立て定期預金とは

コツコツ定期預金をしていくなら、「自動積み立て」にしませんか?

漠然と「定期預金を利用したい」と思うことはあるでしょうが、その主たる動機はどのようなものでしょうか。多くの場合は、「普通預金に比べて金利が高いから」という理由かもしれません。

中には、結婚や起業・開業、子供の養育費・学資、免許取得などの、ある程度まとまった資金を貯めるという目標に向かって定期預金を利用する人も少なくないことでしょう。この場合、結婚などの目標を達する時期までは、その資金を動かさないという意思が明確であることも手伝って、定期預金は非常に有効な手段と言えることでしょう。

この他には、明確な目標はないけれども、「将来に向けた財産を確保しておきたい」「毎月○万円の余裕があるから、それを貯蓄に回したい」といった理由もあることでしょう。

目標が明確かそうでないかを問わずに、定期預金を計画的に積み立てていくことは、自分の意思を持って入金していくという、意外に手間のかかることです。また、今現在、手元にまとまった金額(預け入れる資金)がない場合、定期預金口座を開設しても大きなメリットは感じにくいものでしょう。

こうした定期預金に対する、預金者のさまざまなアプローチに応えるため、ほとんどの金融機関では「自動積み立て定期預金」(各金融機関によって名称は異なる)というものを用意しています。簡単に言えば、普通口座に定期的に振り込まれる給与・報酬・配当金などの中から、一定の金額(預金者の希望する金額)を自動的に定期預金口座に振り替えるものです。資金に余裕のある月などは、追加で預け入れることも可能です。

「自動積み立て定期預金」は定期預金の一種であり、当然のことながら定期預金が持つメリット(金利の高さなど)を受けることができるものです。また、一部の金融機関では、自動的に振り返られた金額に関しては、定期預金口座であっても自由に引き出すことができるものもあります。

単純な(広い意味での)定期預金と「自動積み立て定期預金」、簡単に両者の棲み分けを考えてみれば、現在持っているまとまった金額を将来に役立てるのであれば、一括で定期預金に預けてみるのが良いでしょう。逆に、今はまとまった金額はないけれども、将来のために少しずつでも貯めていきたいのであれば、自動積み立て定期預金を利用して、面倒なく資産形成をしていくのが良いといえるでしょう。

「自動積み立て定期預金」の利用者の声としてよく聞かれるものには、「忘れた頃に通帳を確認して、その金額に驚く」といった、積み立てを楽しむ感想があります。少しでも毎月の給与・報酬を有効に貯めていきたいのであれば、導入を考えてみても良いかもしれません。