外貨預金について

知らないと損する外貨預金とは

外貨預金とは、その名の通り外貨で預金をすると言う事になります。外貨でわざわざ預金するメリットは何でしょうか?

外貨預金の金利は、銀行や証券会社によりけりですが基本的に日本円で預金するよりも良い場合が多いのが特徴です。そして、長期で預金する事により恩恵を受けられる商品となってます。為替の短期的な見通しはなかなか立てるのが難しいとされてますが、長期的な見通しでしたら可能でしょう。長期的に上がりそうな国の外貨で預金しておけば、かなりお得な商品となるでしょう。

外貨預金をするにあたり、気をつけないといけない点があります。外貨預金の一番の欠点が手数料が高いことです。まずそこの国の外貨に両替をして預金をして、更に換金する時にはまた日本円に戻すと言う事になりますので、2回手数料がかかってくると言う計算になります。その為、短期で運用してると手数料で赤字になってしまうなんて事にもなりかねません。長期で運用しておけば、手数料で赤字になると言う事態は、金利により避けられるはずなので、なるべく長期での運用を心がけましょう。

満期になれば、その後は為替の良い時に引き出ししたりなど出来る商品が多いので、上手く利用出来ると大変お得な商品と言えるでしょう。銀行などの場合は、朝一の金利がその日一日適用される場合が多い為に、一日のうちでの為替には対応していない場合が多いようです。手数料を考えて赤字になるようでしたら、引き出しを延期するなど上手く運用していけば、損すると言う事にはならないでしょう。