複数の預金口座を作るメリット

複数の預金口座を作る事によって得られるメリット

預金口座はいくつくらいお持ちでしょうか。一つと言う方はそうそういないのでは無いでしょうか。

リスクを分散させるという意味でも、口座はいくつか作って置く事をお勧めします。万が一、スキミングなどの被害にあった時や銀行が倒産してしまった時など、一千万までは保障されるにしてもすぐに現金を下ろせると言う事にはならないでしょうし、何千万円も預金してた場合は一千万までしか保障されないなんて事になったら悲しすぎますよね。一つの口座で全てを管理した方が管理しやすいかと思われがちですが、実はそうでも無いのです。普通預金の口座と定期預金口座を分けて置いた方が、預金はたまりやすいと言う特徴があります。通常使う銀行と別にしておいて、預金の銀行のほうにはあまり近づかないなどと言う事も出来ますね。そしてお金の流れが明確になりやすいのも特徴と言えるでしょう。

この銀行に入れてるお金は○○費に使うなどと目的別貯金をする場合も、銀行は分けて置いた方が使いやすいですよね。車貯金はこの銀行として、車関係に使う費用は全てそこから支払うなどと言う使い方をすれば、家計簿の役割も果たしますし、お金の流れが明確になります。そして預金がしやすくなるでしょう。

自分で管理できなくなる位沢山の預金を作るというのは考え物ですが、貯金箱でお金を貯める感覚で、色々な預金を作ってみるのも面白いかもしれません。同じ銀行内で、いくつか複数の定期を組める場合もありますので、そちらの方が使い勝手が良い場合はそうしてみるのも良いかもしれません。