預金はボーナス時期が狙い目

ボーナス時期が狙い目の預金

預金をするなら普通預金よりも断然定期預金の方が金利がお得になるのは周知の事実ですね。それでは、預金をするのに得する時期と言うのどうでしょうか?

実は、預金をするのにお得な時期と言うのが存在するのです。多くの人が預金をしたいと思う時期に向けて、金融機関は色々とキャンペーンを行います。人々がお金を多く持ってる時期=ボーナス時期と言う事になります。ボーナスを定期預金に入れて貰おうと銀行の人達は必死なので、お得なキャンペーンを打ち出すという訳です。普段よりもかなり利率が良かったり、粗品を頂けたりと銀行によって様々です。

その時一番良い預け方は、長期の定期預金を組むのが短期よりも金利は良くなりますが、もし景気が良くなる見通しがあるならば、短期で定期預金を組んでおくのも良いかもしれません。なぜなら、長期で組んだ金利は満期が来るまでずっとそのままの金利の為、景気が良くなり金利もUPすると言う事もありえるので、それを見越して短期で組み、また良い商品が出てきたら預けかえをすると言うのも一つの方法でしょう。最終的に、最初に長期で組んだ定期預金の方が利率が良かったなんて事になる可能性もありますが、今の金利は底辺に近いので、今を底と見て上昇を願い、預け替えをして行くと言う方法は結構お勧めです。長期的な金利の見通しは誰にも解らない事なので、預け変え出来ると言う選択肢を残すと言う点でもお勧めな方法ですね。

定期預金をしようと考えてる方は、ボーナス時期まで待って定期を組むと少しでもお得な金利で組む事が出来るでしょう。